体臭が発生する仕組みについて

体臭といわれて思いつくのは汗ですよね。
ニオイを感じるときはニオイの物質が鼻に入ることで脳に信号が送られてニオイを感じます。
なので空気中に小さいニオイ物質が飛んでしまってそれを吸い込んでニオイを感じます。
今回はニオイが発生する仕組みを詳しく紹介していきます。

実は汗は無臭なんです。
お風呂やサウナで汗が臭いと感じたことは少ないですよね。
汗自体にはニオイはありませんが、汗を皮膚の細菌が分解してニオイ物質を作っているんです。
人間の体の部位によってニオイが変わってくるのは、
その部位から出ている分泌物の成分が違う為にニオイ物質の種類が変化しているからなんです。

もちろん普段食べている食べ物によって便や尿の色やニオイが変化するように
汗に含まれる分泌成分が変わりますので、体臭が違ってきますよ!

なので体臭が発生するときはニオイの原因になる汗をどのように処理するかによって
体臭が抑えられることに繋がってきますので、
自分の体臭が気になる方はデオドラント用品などで汗のケアが大切になってきます!

クリアネオ【CLEANEO】の口コミ・購入はこちら