日焼け対策と紫外線について

紫外線対策はきれいな肌を維持するためにはかかせません。夏が近くなると紫外線を意識する人が増えますが、実は紫外線対策は1年じゅう必要です。太陽光の下に出る時は、いつも日焼け対策をしたいものです。

紫外線の影響が強くなるのは夏ですが、春秋冬も案外紫外線が強い日があり、常に日焼け対策はしておきたいものです。適切な日焼け対策を行うには、紫外線についての情報を得ておくといいでしょう。日焼け対策はどうすればできるのでしょうか。地上に届く紫外線の強さや分量は、時間帯や季節、天候、地域といった様々な条件で左右されます。月々の紫外線量は、3月頃にいきなり増えます。6月にピークを迎えてから8月までは紫外線の量が多い時期になります。9月以降から減少し始めます。1日の紫外線の量をみると、1日のうちでは朝10時にはすでに紫外線はかなりの量に達して、午後3時まで続きます。肌への紫外線の影響に関しては、一見ぶあつい雲があっても紫外線は肌に届いていることは珍しくありません。紫外線に関しては、夏に外出する時に万全の紫外線対策をする人は少なくないようです。しかし、天候が曇りの日や春の温かい日には、日焼け対策もおざなりになりがちです。しかし実際は、紫外線が雲で遮られている割合は20%くらいだと言われているのです。予想以上に多くの紫外線が肌に刺さっていると考えてもいいでしょう。わずかな時間の外出でも、日焼け対策は肌にとって必要だと知っておきましょう。日の光が弱そうに見えても、きれいなお肌のためには日焼け対策が欠かせないのです。
リンリン(rinrin)松本店